トップページ  >  リクルート  >  社員の声・新卒採用の方へ  >  松本 将希

新卒採用の方へ 社員の声
2015年入社 松本 将希

シェアードシステムに新卒で入社する前は、どのような学生生活を送っていましたか?

大学では心理学を学んでいました。基本的な情報処理の講義はありましたが、プログラミングに関しては全く学んだことがありませんでした。学業以外ではアルバイトとサークル活動ばかりでした。

就職活動は、どのように行いましたか?

合同説明会の参加がメインでした。はじめはITの仕事は選択肢にありませんでしたが、友人と共に参加したとあるシステム会社の説明会にて、 文系出身の未経験者も大勢いるという話を聞いてこの業界に興味を持ちました。知らない分野に飛び込むことになるので、研修制度を意識して就職活動を行いました。

実際に入社してみて、どうでしたか?

プログラミングに関する予備知識がほとんどない状態での入社だったので、覚えることばかりで大変です。
ただ、自分にとって未知の分野だったので楽しく学ぶことができています。入社前のイメージでは出張というのはなさそうかなと感じていましたが、実際には何度か九州へ出張する機会がありました。
当時は、スーツで飛行機に乗って出張という状況がとても社会人っぽいなと実感しました。

仕事について、ふだん心がけていることは何ですか?

通常の生活中で仕事に関連する項目はないかと意識しています。プログラミングに関する知識はもちろんのこと、そもそもパソコンに関しての知識が 人並み程度しかなかったので、書籍に書いてある用語や、先輩たちの会話の内容がよくわからない、そもそも何から学んでいいかわからないという状況が多くありました。 なので、普段の生活からITに関して学ぶきっかけを探すようにしています。普段当たり前にパソコンでインターネットを使っていたけど、一体どういった仕組みになっているんだろう?といった感じですね。

入社して変わったところはありますか?

普段から目標を持って生活するようになりました。入社前は目標というものはほとんど持っていませんでしたし、また目標を立てようとしたとしても具体的な目標は考えられなかったと思います。
現在では、仕事に関わることによって「こんな自分になりたい」、「こんなことが出来るようになりたい」といった イメージを持てるようになりました。5年後にこうなりたい、そのために自分に足りないものは何か?というように自然と今の目標ができるので、普段の生活に良い影響を与えられていると思います。

入社を希望される方へのメッセージをどうぞ。

前述したとおり、文系出身で未経験という人も数多く働いている業界です。興味はあるけど知識が全く無い、などといった人はぜひ一度説明会に参加してみてください!

上に戻る↑