トップページ  >  リクルート  >  社員の声・新卒採用の方へ  >  永井 詩織

新卒採用の方へ 社員の声
2010年入社 永井 詩織

シェアードシステムに新卒で入社する前は、どのような学生生活を送っていましたか?

大学で数学を勉強していました。学科の選択授業でプログラミングをする機会があり、そこでプログラマーというものに興味を持ちました。その授業の成績は散々だったので得意というわけではありませんでしたが(笑)。休日は1日中バイトしてました。私の大学生活はバイトと数学ばっかりでした。

就職活動は、どのように行いましたか?

始めたばかりのころは、とりあえずいろんなものをみようと思い、合同説明会にたくさん行きました。合同説明会なら業界・業種を絞らずに一通り見られるので。
その後、IT系に絞り、大手・中小に拘らずに説明会に行っていました。

実際に入社してみて、どうでしたか?

3ヶ月ほど研修を受け、その後製品チームに所属し、自社製品の開発に携わっていますが、
まだまだわからないことも多いです。その時は先輩方に質問をすれば、丁寧に教えていただけるのでとても助かっています。

仕事について、ふだん心がけていることは何ですか?

どうしたら効率よく仕事できるのか、ということ。私は要領がよくないので、一つの仕事に時間がかかってしまいます。なので、慣れてきたときに、どれだけ時間を節約でき、なおかつ仕事も正確にできるかということを考えています。

入社して変わったところはありますか?

うーん、前より性格が細かくなったことかな(笑)。シェアードシステムが抱えるプロジェクトの規模は大小さまざまですが、中には、ほぼ営業担当一人、サポートを担当するエンジニアが一人といった製品もあります。他の仕事をしながらお客様からの問い合わせに答えるのはなかなか大変でしたが、責任感を養ううえではとてもいい経験になりました。
プロジェクトの内容によっては、ただ社内でプログラミングをするだけでなく、全国をまわったりすることもあります。社員の希望や適性を考慮しながら、ステップアップさせてもらえるのはいいところだと思います。

入社を希望される方へのメッセージをどうぞ。

学校での勉強と社会に出てからの勉強には大きな差があります。我が社には豊富な技術力を持った素晴らしい先輩方がたくさんいます。新人でも発言していけば、いろんなことをやらせてくれる会社です。これから私たちと一緒に頑張って行きましょう!

ここがPOINT

“技術力”が売りのシェアードシステムだが、入社間もない新人でもどんどん現場に出していく。お客様との信頼関係がベースにあるからこそ、新人にも活躍の場が与えられるのだ。

上に戻る↑