トップページ  >  リクルート  >  社員の声・新卒採用の方へ  >  伊藤 堯之

新卒採用の方へ 社員の声
2013年入社 伊藤 堯之

シェアードシステムに新卒で入社する前は、どのような学生生活を送っていましたか?

昔から情報系に興味があり、大学では情報工学科でプログラミングの基礎や開発の手法などを学んでいました。
大学以外ではバイトをしたり友達とゲームに興じたり。サークル活動等には参加していませんでした。今思えば随分勿体ないことしたなーなんて思いますね。

就職活動は、どのように行いましたか?

就職支援室に張り出されている求人票を見てエントリーしたり学校で行われる就活イベントに参加したり、といった感じでした。
IT系以外でもいくつかエントリーはしましたが、どちらかといえば業種をIT系に絞って活動をしていました。

実際に入社してみて、どうでしたか?

最初は毎朝早く起きるのが大変でした、という話は差し置いて…大学で学んできたとはいえ実際の業務で必要な知識にやはり至らず、学ぶことばかりでした。 今もまだまだ勉強の日々です。
初めて自分で設計し、自分でコードを書いた画面がハンディーターミナル上で仕様通りに動作した瞬間は何とも言えない喜びを感じましたね!

仕事について、ふだん心がけていることは何ですか?

当たり前ですが「よく考えてから行動する」という事ですね。仕事において時間は限られます。 やらなくてもよい作業に時間を割いてしまったり、確認不足のために作業の殆どをやり直すことになってしまったり…実際に仕事をしているなかで「考えが足りなかったな」と痛感する場面があります。 もちろん一人で考えていても仕方ないことは先輩方に質問させていただきますが、その際も自分の疑問や困っていることをわかりやすく伝えられるよう考えてから質問をするように心がけています。

入社して変わったところはありますか?

オンとオフの切り替えが以前よりもしっかりできるようになったと思います。仕事においても休みの日においても限られた時間を大切に、という意識が強くなりましたね。

入社を希望される方へのメッセージをどうぞ。

私が入社を決めた一番の理由は、会社の雰囲気です。ぜひ説明会に足を運んで当社の雰囲気に触れてください。 親切に面倒を見て下さる先輩も大勢いますし、資格手当などスキルアップへのモチベーションに繋がるシステムも充実しています。共に頑張りましょう!

ここがPOINT

システムエンジニアの成長には、開発現場での経験が大切。教育制度を利用した個人での勉強に加えて、まわりからのサポートをいつでも受けられる体制がステップアップには欠かせない。

上に戻る↑