トップページ  >  リクルート  >  社員の声・新卒採用の方へ  >  田中 克哉

新卒採用の方へ 社員の声
2013年入社 田中 克哉

シェアードシステムに新卒で入社する前は、どのような学生生活を送っていましたか?

学生時代は、情報系に分類はされますが、いわゆる情報工学部のように技術一本でガッツリやるだけではなく、文系よりの講義やメディア関係の講義もある学部に所属していたので、プログラミング以外のことも幅広く勉強しておりました。休日は友達とカラオケにいったりして遊びまくっていました。(笑)

就職活動は、どのように行いましたか?

中学生くらいから漠然とパソコンを使った仕事がしたいと思っていたので、業界はIT系に絞って受けていました。
活動初期は名前を聞いたことのある大きい企業ばかり受けていましたが、ある合同説明会で小さいけれど雰囲気がいい会社を見つけて以来規模に関係なく目を向けるようになりました。
シェアードシステムに決めたきっかけは、面接の際に社員の皆さんがフランクで面接官5人で自分1人というシチュエーションでも楽しく面接ができたことですね。いい雰囲気の会社だと思いました。

実際に入社してみて、どうでしたか?

やはり、入社したてのうちは何もかもわからないことだらけでした。会社で使用するPCがMACでWindowsしか使ったことのなかった私はPCの操作からもう新鮮な体験でしたね。(笑) しかし、先輩社員のバックアップがしっかりしているので不安になることはありません。わからないことを聞いた際に迷惑そうに返された事はなく、しっかりと教えてくれます。 プログラミングは2ヶ月ほど研修がありますし、現場にも最初は先輩とタッグを組んで行くので安心できました。

仕事について、ふだん心がけていることは何ですか?

まず、わからないことはそのままにしないことです。仕事をしているとどうしてもわからないことが出てきますが曖昧なまま先に進むのではなくしっかり調べるようにしています。自分一人である程度調べてもわからない場合は先輩などわかる人に聞くことを心がけています。
私は今一人で現場に入っていますが、会社に電話をすればすぐに先輩が答えてくれるので積極的に聞くようにしています。

入社して変わったところはありますか?

時間に対する意識が大きく変わりましたね。 学生時代は自分の自由にできる時間がたっぷりとあったので時間の使い方を考えて使うことはあまりなかったのですが、社会人になると自由にできる時間がぐっと減ってしまうので有効に時間を使おうと考えるようになりました。
あと、メールの返信も学生時代のように好きな時間に返すのではなく、できるだけ早く返信するよう意識するようになりました。

入社を希望される方へのメッセージをどうぞ。

シェアードシステムという会社は技術力の確かな先輩がしっかりサポートしてくれる会社です。 仕事の事以外でも相談に乗ってくれる先輩が沢山いますので不安になることはありません。私たちと一緒に成長していきましょう!

上に戻る↑